希望する人が増えている散骨

最近では、墓を持たずに樹木葬や散骨などの『自然葬』を希望する人が増えています。

子どもたちにお墓の管理で負担をかけたくない気持ちがいちばん大きいようですが、子どものいない家庭やお墓の問題でトラブルに巻き込まれた経験がある人などは特に樹木葬や散骨を希望しています。


散骨する場合に提出書類などは必要ありませんが、許可できるのは通常配偶者や長男長女などの祭祀承継者とされています。また遺骨を粉骨する際にも注意が必要で、2?以下の粉骨にしなければ遺棄罪にあたる犯罪となってしまいますので、粉骨は業者に依頼するのが賢明なようです。



また『海や山へ撒いてほしい』という希望をよく聞きますが、規制する法律はないので基本的に場所については自由です。ただし、土地の所有者や権利保有者がいる場所への散骨は、権利者の許可が当然必要となりますし、一部の地域では散骨禁止の条例を設けているところがあるため、事前に調査をしたうえで行うことが重要です。



いちばん多いのは海洋への希望ですが、その種類も『個人』『合同』『代行』などがあり、予算や事情によって選ばれています。

お墓はあるけれど、自然葬を希望している人は意外と多いのです。



宗教的なお墓に入りたくない、お墓の維持管理の負担を掛けさせたくない、お墓を維持する人がいないなど理由は様々ですが、大自然に帰りたいと考えている人が多いことに驚かされてしまうほど自然葬への関心や希望は高いのです。